包茎手術の体験を元に、仮性包茎や真性包茎、カントン包茎
 など、包茎に関することを色々とお話させて頂いております。

包茎手術体験記

包茎とは?

「包茎とは何なのか?」これはみなさん大体のことはおわかりですよね。包茎とはおちんちんの先が皮をかぶった状態のことをいいます。

子供の頃はみんな皮をかぶった状態ですが、大体中学生から高校生くらいで自然とむけてくる方が多いようです。個人差がありますから、あまり早い時期から包茎じゃないかという心配はしなくていいと思います。

成人になってもむけないようでしたら包茎の可能性がありますので、泌尿器科など専門のところに相談した方がよいかもしれません。ただ、包茎は別に病気ではありません。

包茎にはいくつか種類があります。大きく以下の3種類の包茎に分けることができます。

  • 仮性包茎
    普段は皮がかぶっているが、自分でむいてかぶらないようにできたり、勃起時には特に問題もなく亀頭を露出させることができるタイプの包茎です。仮性包茎は、包茎の中でもあまり深刻ではありません。
  • カントン包茎
    普段はなんとか亀頭を露出することができますが、無理にむくと元に戻らなくなったり、むいたまま勃起すると包皮に亀頭の根元が締めつけられ、腫れあがってしまうタイプの包茎です。
  • 真性包茎
    皮の先が狭すぎて、亀頭が露出できないタイプの包茎です。包茎の中でも一番重症なタイプの包茎で、私はこの真性包茎でした・・・
     

包茎手術体験記


はじめに(TOP)

包茎とは?

包茎の問題点

包茎手術体験記(前編)

包茎手術体験記(後編)

包茎手術について

包茎矯正グッズ

包茎の人は早漏?

包茎リンク

お問合せ